法テラスの特徴と弁護士に相談で利用するメリット

世の中には、借金を始め様々な法的なトラブルを抱えている人が多くいますが、中には抱えているトラブルについてどこで相談すればいいのかわからないことで頭を悩ませている人も少なくありません。そういった人におすすめとなるのが法律に関わる相談を請け負っている法テラスです。

今回は、法テラスの利用におけるメリットを中心にサービス内容や費用について細かく解説していきます。

法テラスの概要と特徴

日本司法支援センターとも呼ばれる法テラスは、法律に関する悩みの相談を受けて適切なアドバイスや最適な情報を提供する機関になります。法テラスでは弁護士などの専門家の無料案内から、法律に関するアドバイスまで幅広いサービスを行っているのが特徴です。

つまり、分かりやすくいうと法テラスは弁護士と依頼者を繋ぐ架け橋と言えます。これを読んで最初から直接弁護士に依頼をすればいいのではないかと感じた人もいるかもしれません。しかし、法テラスならではの利用におけるメリットがあって、相談内容によっては弁護士に依頼をするよりも良いケースもあるのです。

費用に余裕が無い人向けの無料相談サービス

法テラスの利用におけるメリットで、特に大きなポイントとなるのが無料相談です。通常、弁護士を始めとした専門家への依頼にはいくらかの費用が掛かってしまいます。こうした理由から、借金など金銭的なトラブルを抱えている人の中には、費用が支払えないことを理由に相談を諦めてしまうという人も少なくありません。

法テラスでは金銭的に余裕が無い人でも安心して利用できるように、法律の無料相談サービスが用意されています。ただし、この無料相談には適用に対していくつかの条件が設けられているので注意が必要です。満たすべき条件は主に依頼者の資産と収入で、単身世帯の場合は手取りで20万円以下、一般的な4人家族では30万円以下となっています。

資産に関しては単身で180万円以下、4人家族で300万円以下です。上記の条件を満たしていれば、職種や年齢に関わらず無料で相談が受けられます。

弁護士に払う費用を立て替えてもらうことができる

弁護士への相談の中でも比較的多いとされるのが借金トラブルです。近年若い世代を中心に消費者金融などで多額の借り入れを行ってしまい返済ができずに弁護士に相談を持ちかけるという事例が増加しています。こうした借金トラブルは債権者との話し合いが必要となるケースが多く、訴訟問題に発展することも珍しくありません。

こうした訴訟で法的な手続きが必要となった場合、書類集めから記入に至るまで全て個人で行うのは難しいのが実情です。そのため、代理として専門家への依頼をする形となるので必然的に費用が発生してしまいます。金銭的に余裕があれば問題はありませんが、毎月に返済すら困難な状況で別途弁護士費用を用意するのは大変です。

そこでおすすめとなるのが、法テラスで行っている弁護士費用の立て替えサービスになります。これは文字通り法的手続きの依頼に掛かる弁護士への費用を法テラスが立て替えてくれるサービスです。このサービスの適用は前述した無料相談が受けられる基準を満たしていることが条件となりますが、収入が少なく金銭的に困っている人にとって大きなメリットと言えます。

利用する上で知っておくべき注意点

ここまでの説明でもわかるように、法テラスの利用には数多くのメリットがありますが、注意すべきポイントもいくつかあります。まず一つ目が、無料相談の回数制限です。法テラスで行っている無料相談は、1つの案件につき3回までと決められています。

万が一3回を超えてしまうと4回目以降は費用が発生してしまうので注意が必要です。特に、借金トラブルでは債務整理に至るまでに何度か相談をすることも多いので気を付けなくてはいけません。中には、家族で借金のトラブルを抱えているケースもありますが、仮に家族で相談が必要な場合でも、カウントは1人につき3回になります。

つまり、夫婦であれば6回まで相談ができる計算になります。

立て替えてもらった費用は返済が必要

弁護士費用の立て替えサービスを利用する人の中には、費用が全く掛からないという認識を持っている人も多くいます。しかし、これは大きな間違いで、法テラスはあくまでお金が払えない人に代わって費用を立て替えてくれているだけです。

当然立て替えてもらったお金は後々相談者が法テラスに返済することになります。とは言え、返済は一括払いなど無理な要求ではなく、収入から計算をして無理のない分割払いとなるのでそれほど心配することはありません。

弁護士に連絡して困ったことを相談してみよう

紹介される弁護士は任意で決められる

もし、相談内容が法テラスだけでは対処できない場合には、弁護士を始めとしたその案件の解決に最適となる専門家を紹介してもらうことができます。しかし、この専門家は法テラス側が任意で決める形となるので、必ずしも自分の希望に沿った弁護士が紹介されるとは限りません。

実際に、紹介してもらった弁護士と相性が悪く、スムーズな解決に至らなかったという事例も少なからずあります。そのため、紹介してもらうのであればこの点を頭に入れておくことが大切です。

法テラスの訴訟に必要な料金

利用をする上で気になる人も多いのが費用についてです。法テラスで弁護士に訴訟の依頼に掛かる費用は案件によって若干異なりますが、平均で10分の1程度とされています。つまり、100万円の請求の訴訟であれば必要となる費用は10万円前後と考えておけば問題ありません。

費用に余裕がなく法テラスの立て替えサービスを利用する人は、この立て替えてもらった10万円を後々分割で返済していく形です。書類の作成を依頼の場合は訴状の作成で4万円前後、自己破産の申立てに10万円ほどに費用が発生します。

後々の返済のことも考えて、事前に自分の相談に対していくら掛かるのかについて確認をしておくと安心です。

会社における法トラブルに注意!弁護士相談の事例集

スムーズに手続きを進めて行くための事前の準備

これは法テラスに限った話ではありませんが、相談をする時は前以て内容についての整理をしておくのはもちろん、書類なども準備しておくことが重要です。まず無料相談や費用の立て替えをお願いする場合に用意するのが給料明細などの収支が確認できる書類です。

これは、収入や資産といったサービスを利用する上でクリアーすべき条件を満たしているかの確認になります。この確認が取れなければ例え条件を満たしていても無料相談は利用できません。その他にも、案件によっては上記以外にも書類が必要になります。

例えば、遺産相続についての相談であれば、相続人及び被相続人の戸籍標本や遺言状などです。せっかく相談をしに行ったのに、書類を忘れたことで話を進めることができずに無料相談の回数を無駄に消費することのないように、事前にチェックをしておくことが大切です。